オリックス銀行審査在籍確認

オリックス銀行審査在籍確認では、電話の時間指定をしておく

オリックス銀行審査在籍確認では、電話の時間指定をしておく

オリックス銀行で申込をした時には、お勤め先に対する架電確認が発生します。その理由としては、勤めている事実を確認するためですね。

 

そもそも融資商品というのは、やはり返してもらう事で成り立っています。ですので金融会社としては、勤務状況が気になっているものなのですね。間違い無く会社で勤めているかどうかを、きちんと確認しているものなのです。そして上記の銀行でも、その確認手続きがある訳ですね。

 

その電話の大きなポイントの1つは、電話に出る事ができたかどうかです。銀行が電話をかけたにもかかわらず、たまに出れない事もあるのですね。銀行としては何回も電話をかける訳ですが、それで出れないケースもあり得るでしょう。
そのような時には、カードの発行が難しくなってしまう事があります。電話に出れないだけでカードが発行されないのは、ちょっと悲しいですね。

 

ですのでオススメの方法としては、オリックス銀行に対して時間指定をしてみると良いでしょう。何時何分頃に電話をかけて欲しいと伝えておくと、この銀行では配慮をしてくれるのです。その伝えた時間帯に電話の前でスタンバイをしておけば、確実に確認が取れるでしょう。

 

ちなみに電話で確認が取れれば、最低カードローンでは借りる事ができるようになります。ですので、やはり時間指定をしておくと良いでしょう。

手数料が変動する可能性はあるオリックス銀行のカード商品

融資商品には、たいてい手数料があります。

 

もちろんカードローンも、その1つになります。その商品の手数料は、基本的には1年間あたりという表記になっている事が多いです。1年につき18%や、16%などの表記になっている訳ですね。

 

ところでその手数料は、変動する事があるのです。そもそも金融商品というのは、情勢によって色々と変化する事が多いのです。いわゆる金融緩和などが発生すると、ちょっと借りやすくなる事も多いですね。

 

その時には、手数料が変動する事もあります。現時点では18%と設定されていても、金融緩和が発生すれば、14%台などになる事もあり得ます。

 

ところでオリックス銀行によるカードローンの場合は、その手数料が変動するタイプになります。現在のところその銀行の最大手数料は、17%台と設定されている状況ではあります。

 

しかしそれはあくまでも現時点での数字で、今後もそれが変わらないとは限らないのですね。つまり今後の状況次第では19%台になる事もあり得ますし、逆に16%台などにダウンする事もあります。いわゆる変動タイプの商品になるのですね。

 

ちなみにオリックス銀行では、上記以外にも様々な融資商品を取り扱っています。中には手数料が変わらないタイプもあるのですが、少なくとも上記のカード商品の場合は、ちょっと変わる可能性を秘めている訳ですね。