在籍確認なしカードローンある? 在籍確認の方法はどの消費者金融、銀行、金融業者も同じ

在籍確認をクリアする方法 在籍確認が不安なかたへ

 

カードローンやキャッシングの審査の過程で、在籍確認が行われます。

 

これから融資を受けようとしている人が、申込書に記載した勤務先に確かに在籍をしているか確認するための作業です。

 

間違いなく勤務をしており、一定の収入を得ていることの裏付けを取るもので、通常は職場に電話がかかってきます。

 

会社支給の携帯電話では、本当に会社に在籍している確認にはなりませんので、固定電話にかかってくるのが普通です。

 

しかも、審査に厳しい業者ですと、こちらから申告した電話番号が実は本人の自宅だったなど虚偽の場合も考えられますので、

 

会社の代表電話に連絡をしてくるケースすらあります。

 

在籍確認の電話は、キャッシングやカードローンの会社名を名乗らず、系列の銀行名や担当者の個人名でかけてくることもありますが、

 

何にしろ職場に電話をかけられるのは困るという人もいることでしょう。

 

そんな利用者の要望に応え、在籍確認を別の形で行う業者も増えています。

 

勤務先に電話をかけないかわりに、書類を提示することで、その代わりとする方式です。

 

具体的には、以下の書類を郵送するか、無人契約機に読み取らせます。

 

まずは、直近二カ月の給与明細及び同じく直近の賞与明細。

 

これにより本人の一年間の所得概算金額を計算することが可能です。また給与明細には会社の名前が印字印刷されているのが通常です。

 

次に国民健康保険証。会社の健康保険組合に加入していると社員が健康保険証を受給されています。ここにも会社名が記載されております。

 

この二つで、本人が確かに勤務していることが間接的に証明されます。

 

場合によっては社員証でよしとする業者もありますが、すでに退職しているのに在籍時の社員証をそのまま持っているということも考えられますので、

 

今現在も在籍していることを証するには、給与明細や健康保険証のほうがより信憑性が高いと考えられます。

 

また、給与明細、賞与明細ではなく、源泉徴収表のほうがよいとされることもあります。

 

源泉徴収表は一年間の収入総額が記載されていますので、より厳密に返済可能金額や融資上限額の算定が可能となります。

 

在籍確認は申請、審査にあたり必須の手続きですが、職場に電話をされては何かと困るという方は、

 

あらかじめ電話などで相談をし、これらの書類で在籍確認の代わりとみなされるか確認しておくいことをおすすめします。

 

 

在籍確認の方法はどの消費者金融、銀行、金融業者も同じ

 

カードローンに申し込んだ際に行われる審査の中に「在籍確認」があります。

 

在籍確認は借入金の返済の基になる収入の有無を調査するためのものなので、消費者金融にとっては必須業務です。

 

在籍確認と言うと、勤務先に消費者金融からの借金が知られるのではないかと懸念する人がいますが、その心配はまず要りません。

 

現在は貸金業法によって利用者以外の第三者に消費者金融として接触することが禁止されており、違反すると罰則を科せられます。

 

従って、第三者に会社名を告げることができませんし、契約のことを話すこともできません。

 

当然、職場電話連絡をする場合も、担当者の個人名で行うことになります。

 

また、在籍確認というのは利用者が申込書に記載した勤務先に勤めていることを確認するだけなので、

 

利用者が電話に出れば在籍確認であることを告げてすぐに電話を切ります。

 

仮に、利用者が出掛けていても、電話を受けた人が利用者の出掛けていることを伝えれば、

 

在籍の確認が取れたことになります。

 

ちなみに、モビットのカードローン「WEB完結」では申込から契約、取引のすべてをインターネット上で行うため、

 

連絡はメールだけであり、職場電話連絡がありません。

 

ただし、在籍確認自体は必要なので、利用者から「健康保険証」と「給与支払明細書」の提出を義務付けています。

 

つまり、健康保険証を見ることで利用者の業種が判明しますし、企業名も分かります。そして、給与支払明細書で収入も確認できます。

在籍確認なし カードローン人気なサービスを紹介

 

 

在籍確認なしカードローンある? 在籍確認の方法はどの消費者金融、銀行、金融業者も同じ

金利や限度額、審査の結果が出るまでの時間など種々の比較するべき点がありますが、

 

実際は消費者金融業者間での融資金利や借入限度額の差自体は今となってはおおかた認識できない状態になっているも同然です。

 

 

インターネットでは色々な消費者金融比較サイトが開設されており、

 

基本的に金利、借入限度額に関しての情報にピントを合わせて、トータルランキングとして比較して公開しているところが多数派です。

 

 

早急に現金が必要な事態に陥ったとしても、即日融資に応じてくれる消費者金融業者の場合なら、

 

急を要する状況で融資を申し込んでも、余裕で間に合う早さで申し込みのための手続きを終わらせることが可能です。

 

近頃、消費者金融会社そのものが雨後の筍のように増えていて、

 

どの金融会社にしたらいいか思い悩む人が多いため、ウェブサイトや週刊誌などでランキングにした口コミを目にすることが可能になっています。

 

多くの消費者金融業者が、審査に要する時間が最短の場合30分と、

 

瞬く間に終わるという点をメリットとしています。

 

ウェブ上で実施する簡易診断を受ければ、10秒程度で結果が示されます。

 

自分で店舗に赴くのは、周りの人々の視線が怖いというのなら、ウェブ上の消費者金融の一覧表などを使用して、ローン会社を見つけるという手もあります。

 

「差し迫った必要性があって急遽お金が必要となった」

 

「両親や兄弟にも大切な友人にもお金を借りるようなことはしたくない」。

 

そんな時、無利息期間が設定されている消費者金融に援助を求めましょう。

 

特に、消費者金融会社での審査に再三にわたって落とされているのに、

 

連続的にそこ以外の金融業者にローンの申し込みをすると、次に申し込んだ審査に受かりにくくなりますので、気をつけた方がいいでしょう。

 

無利息で融資が受けられるサービスは、それぞれの消費者金融業者で異なるものですから、

 

スマホや携帯電話を利用して数多くの一覧サイトを丁寧に比較しながら見ていくことにより、自分にふさわしい嬉しいサービスに出会えるに違いありません。

 

消費者金融で行われる審査とは、利用者側の収入がどうであるかに関して確認をとるというより、

 

借りようとしている本人に負債を滞りなく返せる力量があるのかを審査しているのです。

 

今は消費者金融系の会社に申し込む際に、ネットでの手続きを利用する人も増えつつあるので、

 

消費者金融を取り上げた口コミサイトやわかりやすい比較サイトも星の数ほどあるのです。

 

銀行グループになっている消費者金融の場合でも、スマホや携帯電話での申し込みを受けているところも存在します。

 

おかげで、貸付についての審査時間を速めることと当日中に振り込まれる即日融資が実現できるようになったのです。

 

即日融資と言えば、申込をした当日中に直ちに借り入れることが出来るというシステムです。

 

一番最初に消費者金融業者に借り入れを申し込む際は、無論、金融機関への申込が必要不可欠となるので心しておきましょう。

 

大手消費者金融と中小の消費者金融をピックアップして取りまとめて一覧表にしました。

 

信頼できる消費者金融業者です。

 

悪辣なキャッシング会社にだまされたくないという考えをお持ちの方の為にまとめたものです。便利にお使いください。

 

一体どこにしたら無利息という金利で消費者金融に借入の申し込みをすることが可能になるのか?

 

間違いなく、あなたも関心があるかと思います。

 

というところで、一押しなのがテレビCMでもよく見かけるプロミスです。

 

→ プロミスカードローン 詳細