キャッシング業者に追加融資可能?増額審査よりも新規申し込み 在籍確認あります

キャッシング業者に追加融資可能?増額審査よりも新規申し込み 在籍確認あります

 

キャッシングとは、基本的に借りたお金を翌月に一括返済するタイプの借金です。

 

しかし、最近ではカードローンと同じ使い方ができるものも増えています。すなわち、限度額の範囲内ならばいつでも自由に追加融資が可能となっています。

 

例えば限度額が50万円だとして、すでに40万円を借りているなら、残り10万円をいつでも自由に追加融資できるのです。

 

限度額よりも高い金額を借りたい場合には、限度額を増額してもらう必要があります。限度額の増額審査には、新規契約から半年程度が経過していれば申込みができます。ただし、最低でも一回はキャッシングを利用している必要があります。

 

さて、この増額審査で在籍確認があるかどうかですが、それは金融機関によるので一概には言えません。金融機関によっては必ず在籍確認を行なうようになっているところもあります。しかし、在籍確認がないケースも結構あります。

 

新規契約の時に在籍確認を行っているのに、なぜ半年程度しか経過していない場合でもまた確認をするのかですが、これはやはり「増額の理由」を疑われてしまうからです。限度額を増額したいという理由の中には、失業をしてお金が足りなくなったという理由もあります。

 

このような場合にお金を追加で貸してしまうと、貸し倒れのリスクがとても高くなります。

 

なので、しっかりと在籍確認を行って、きちんとその職場に勤めていることを確認します。

 

また、延滞をしている場合には在籍確認を行なわれる可能性が高くなるでしょう。金融機関としては、契約者に返済能力があると認めたからお金を貸しています。なのに、返済で延滞をしているということは何らかのトラブルがあったと見られてしまいます。

 

そのトラブルとして考えられるのは、「失業した」、「収入が申告されていたものよりも少ない」、「他社からも借金をしている」といったものです。このような場合には在籍確認はきっちりと行われるでしょう。

 

それどころか、延滞をしている場合にはたとえ在籍確認がとれても増額審査に通らないということも考えられます。

 

以上のように、増額審査の時に「必ず在籍確認を行う会社」、「特に怪しいところがない場合には行わない会社」、「基本的に行わない会社」があります。インターネットの口コミなどを参考にしてみるといいでしょう。

 

しかし、特に後ろめたいことがないのなら在籍確認は恐れるようなものではありません。

 

個人情報はしっかりと守られるので、会社にキャッシングを利用していることがバレることもありません。もしも怪しまれたらクレジットカードに申込んだなどと言っておけばよいでしょう。