生命保険でお金を借りる

生命保険でお金を借りる 勤務先電話なしでキャッシング可能?

生活の中でどうしてもお金が要りようとなった時に、どこで借りるかが大きな問題となってきます。

 

その時に自分がかけている生命保険から借りることができれば、誰にも迷惑がかからないこともあり、負い目に思うことがないです。

 

でも生命保険はほとんどの人がかけていますが、その全ての人が借りられるということではありません。

 

契約をしている生命保険に解約返戻金があるタイプのものに限ります。生命保険でお金を借りることができるのは契約者貸付制度と言われています。

 

それによって借りることができる金額はその保険をかけている年数や契約内容により違いがあります。

 

そして、生命保険会社によりその解約返戻金の中から70%?90%の範囲で借りることができます。

 

自分のかけた生命保険の解約返戻金から借りるのですが、それを返済することはもちろんですが、利子も支払うことになります。

 

その利子の利率はそれぞれの生命保険の契約時期により違いがあります。

 

契約した時の予定利率より1%?2%高く上乗せされて設定されています。

 

しかし、その利率は加入している生命保険が担保となるために、

 

他のところでカードローンなどを利用して借りるよりはその利子はとても低いものとなります。

 

お金を借りるときには利子がどのくらいなのかということはとても大きな問題となるものです。

 

加入している生命保険を解約しないで、続けながら借りることができるということで将来的に不安を感じることもありません。

 

そして、生命保険から借り入れたお金や利子を返済する時には、

 

カードローンなどのように返済時期や返済金額が決められていないところが大きなメリットとなります。

 

毎月一定額を返済しなくてはならないようなものではなく、自分で計画を立てて返済をしていくことができます。

 

例えば、ボーナスの時にある程度まとめて支払うことも可能となります。

 

それができるので普段の生活をとくに切り詰めるようなことをして返済に充てるようなことをしなくても良いのです。

 

生命保険でお金を借りる場合には、何よりその生命保険から借り入れ、契約者貸付が受けられるのかということを確認をします。

 

それができる場合には自分がかけている生命保険の証券番号の確認をします。

 

そして、契約者本人が自ら貸付制度を利用して借り入れをしたいことを伝えます。

 

必要書類がありますので、それに必要なことを記入してそれを生命保険会社に提出をします。

 

その手続きが終わると概ね1週間程度でお金が振り込まれるようになります。

 

そして、その後の返済はその会社にもより、多少の違いはありますが、

 

生命保険会社が提携している銀行口座を持っている時にはインタネットでネットバンキングを利用して返済することができます。

 

また、提携銀行のATMを利用することもできます。

 

他には生命保険会社の窓口に直接行って、返済することもできます。

 

生命保険から借りることができる契約者貸付制度は解約返戻金の範囲内であれば何度も借りることができます。

 

そして返済もある程度自由なことから返済を滞らせることになり、

 

その返済額が解約返戻金を超えるようになってしまうと、せっかくの生命保険が失効してしまうことにもなります。

 

もちろん、その時には、借りた貸付金を返済することで生命保険を復活させることはできますが、

 

そのようになる時には、金額もかなり大きなものとなるので、返済の計画はしっかりとたてて借りることが大切になります。

 

日々の生活の中には思いがけなくお金が必要となる場合は誰にもあります。

 

その時にカードローンを組んで借りることもできますが、その利子を考えると、

 

生命保険の解約返戻金から借りることができる貸付制度は強い味方になります。