Mr.カードローン審査と収入証明書の有無について

Mr.カードローン審査と収入証明書の有無について

金融会社からお金を借りるとなると、金額によっては現在の収入を証明できる書面が必要になる事があります。

 

一般的に50万円以上の金額を借りる時には、その書面が必要ですね。金融機関によっては100万円になる事もありますが、平均的には50万円です。

 

ちなみに証明する書面としては、いわゆる給与明細になります。もしくは源泉徴収票などでも構いませんし、確定申告書などでも問題はありません。

 

ただその書面を発行してもらうには、多少の手間を要します。ですので、人によってはその書面を敬遠している事もありますね。

 

住信SBIネット銀行が提供しているMr.カードローンの場合は、その書面が必要無いケースも多々あります。

 

なぜならこの銀行の場合は、その書面が必要になる時の限度額がかなり高めに設定されているからです。

 

この銀行から300万円以上の融資を希望しているような時には、確かにその書面が必要です。しかし一般的には、やはりそこまで高めな金額になる事が少ないでしょう。

 

それと前述のように、他社でその書類が必要になる金額は平均的には50万円なのです。それよりもかなり高い水準になっていますので、通常はその書面は必要ありませんね。

 

ですので原則として給与明細などは不要なのが、Mr.カードローンの大きな特徴の1つです。

他の金融商品からの借り替えなども可能なMr.カードローン

借入者によっては、複数会社とのお付き合いがあります。1社だけでなく、3社や4社などから借りている方も珍しくありません。

 

ところが複数の会社で借りているとなると、混乱してしまう事があります。各会社で返済日などがバラバラになっていれば、やはり混乱してしまう事も多いでしょう。

 

それとお金を借りているとなると手数料の見直しなどもあり、現在より手数料が低めな会社で借りた方が良いと希望している事もあります。

 

住信SBIネット銀行によるにMr.カードローンは、実はそのようなニーズに対応できるのが特徴です。というのもこの銀行の場合は、他社からチェンジする事も可能だからです。

 

例えば上記のように3つの会社から借りているとしましょう。それで混乱するよりは、住信SBIネット銀行に乗り換える方が良いこともあります。この銀行では、それも可能なのです。

 

ちなみに金融会社で融資を受けるとなると、他の会社での借入件数などが見られる事が多いですね。

 

しかしこの銀行の場合は他の会社からのチェンジも可能と公式で明示されていますので、他社の件数が多くても断られるような事はありません。

 

しかも手数料も低めです。複数の借り入れを一本にしたい時には、最適な銀行と言えるでしょう。